ウォーターサーバーを導入したきっかけと良かったこと

以前から料理で使うお水や子どもが飲むお水は水道水を使わずに、ミネラルウォーターを買ってきたり、スーパーで無料でもらえる純水を汲んできたりしていました。
ところが、ちょこちょこ重たいお水を買って持って帰ってくるのが大変だったのでウォーターサーバー導入してみようと検討し始めました。
電源さえいれておけば、いつでも冷たいお水や温水が出るのでとても便利です。
冷たいお水は冬ではちょっと冷たい感じがするので、お湯をちょっといれて常温にしてから飲んでいます。
お湯は85℃に常に温められているのでカップラーメンを作る時にも十分使えます。
よく電気代が高いと言われていますが、我が家では常時電気ポットを使っていたので、その電気ポットと比べると、ウォーターサーバーの方が電気代がかからないです。
夏だと毎日子どもが学校に水筒を持って行きます。
なので毎日麦茶を沸かさないといけなかったんですが、ウォーターサーバーにしてからは、温水で麦茶を作って少し冷ましてから冷水を入れて冷蔵庫で冷やせるので、手前がかからなくて重宝しています。
今使っているウォーターサーバーは2台目になるのですが、以前に使っていたタイプはワンウェイボトルと言ってペットボトル素材でできていて、お水が減ってくるとボトルが潰れていきました。
使用後のボトルを資源回収に出せたのは良かったのですが、宅急便でお水が届くので、日中不在なので、いつも不在通知が入っていて再配達を依頼するのが面倒でやめてしまいました。
今使っているタイプは、ガロンボトルのものですが、このボトルは使用済みのボトルも次回の回収まで保管しておく必要があります。
ですが、お水はお水を扱う業者さんがボトルを玄関先に出しておけば、新しいお水のボトルを置いておいてくれるので、我が家のスタイルには合っているのでこちらを使用しています。
ウォーターサーバーを導入してから、子どももジュースを飲むことが少なくなり、お風呂あがりにもすぐに冷たいお水を飲めるのでとても重宝しています。